体力勝負なところもあります

もし比較的身体が丈夫で力仕事が得意なら、身体を使った副業をお薦めします。代表的なのが「土木作業員」で、建築現場や工事現場などで資材の運搬作業をしたりと、助手的な仕事をします。

 

 

他にも鉄骨組み立てや足場架設、太太工事、コンクリート工事、外装工事、外壁工事、内装工事など、色々な仕事現場の業務があります。

 

 

日給8,000円〜12,000円が一般的であり、副業としてはかなり良い給料で魅力的です。基本の土木系バイトだと朝早くからスタートしてそこから6〜8時間働くという流れですが、今回は土木で副業でなので、そこまでみっちり仕事をする訳ではありません。

 

 

基本副業の場合は朝からのスタートとなり6〜8時間分でも随分稼げますが、副業の場合は本業後に副業がスタートしますから19時位にはスタートとなります。もし19時から6時間働いたとして終了するのは25時。もう1時なので次の日です。

 

 

 

これが数回続いて疲れてくると、ふと「自分ななにをやっているのだろう」と我に返り、お金を稼ぐ意味も分からなくなって即仕事を辞める可能性があります。

 

 

 

もっと楽な副業はないかと必死に探す人もいるでしょう。それでも土木の仕事頑張る!と意気込むのなら、高収入だけでなく体力つくりの為にも頑張って続けてほしいです。日給8,000円〜12,000円の土木アルバイだけでも凄い金額ですが、もしバイトから正社員に昇格した場合、月給20万円〜30万円の収入が可能となります。

 

 

 

現場監督となった場合、月給30万円〜50万円となります。親方にでもなった場合、月給は50万円〜100万円ととてつもない金額です。土木の作業がメインの仕事である事限定であり、副業だけだとこのようにはいきません。

 

 

 

せいぜい日給10,000円前後ですが、それでも日雇いバイトであれば即日にお金が手に入る可能性があります。他にも、土木系のバイトだと体力だけでなく精神も鍛えられます。夜ぐっすり眠れるので不眠とは無関係。礼儀正しくなれる。

 

 

 

以外に思うかもしれませんが、土木作業の方は休憩がとてつもなく多いです。

 

 

逆にデメリットは夏場の過酷さだそうです。確かに夏の体育は可愛そうですから、しっかりと冬のうちから外仕事に慣れておくのも手です。バイトですから特別な資格も必要ありませんし、男性の方は是非土木系のバイトで副業にチャレンジして下さい。